四柱推命を考える



四柱推命

運命学で一、二を争うものは四柱推命と西洋占星術である。
流派は様々と云われているが、そもそもの四柱推命の鑑定法というのは四柱の天干と地支の八字で占うものである。

天干は陰陽五行を十干にしたもの
木火土金水を
甲乙丙丁戊己庚辛壬癸にしたものである。

十二支は
木火土金水を
寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥・子・丑とした、
寅・卯・辰の土旺の入りまでを木
巳・午・未の土旺の入りまでを火
申・酉・戌の土旺の入りまでを金
亥・子・丑の土旺の入りまでを水
そして、土旺の入りからの辰・未・戌・丑が土である。

生まれた日の天干を日主(にっしゅ)として、
これらの相生相尅(そうしょうそうこく)と刑冲合方(けい、ちゅう、ごう、ほう)によって五行の強弱がどのようになっているかを出してゆくのであります。
この強弱が格局となるのであります。

  • 通変とは、日主からみた他の干の作用であります。
  • 用神とは、命式の中に存在する五行であり、命式に良作用する通変を云います。
  • 神殺とは、命式の八字のに起きている作用につけた名称です。
  • 12運や補運は生旺墓絶といい、運命の運気のバイオリズムをあらわしており、命式の状態とあわせて読み取るものであります。
  • 空亡とは、柱が空去となる状態であり、不運である柱が去となれば不運が去り、幸福である柱が去となれば幸福が去るという状態を云います。しかし、この空亡が刑冲合方となる場合は作用しません。

つまりは、初めの段階の八字の相生相尅と刑冲合方まで出せば格局や用神という漢字だらけの小難しいものを出さなくても運命は読めるのであります。

四柱推命について

  • 暦と四柱推命[記事公開までまっててね!]
  • 季節と四柱推命[記事公開までまっててね!]
  • 四柱推命の相生相尅[記事公開までまっててね!]
  • 十干十二支とは[記事公開までまっててね!]



  • 総合サイトトップ ブログトップ 自己紹介 鑑定申込み


    [広告]