骨相(人相手相)を考える



骨相について


相術の五行 [相術での陰陽五行とは]

土の骨相を持つ人

前回、〔火の骨相とは〕で、火の骨相を持つ人の特徴などを説明致しました。

火の骨相があるように骨相には木・火・土・金・水の五行があります。

それぞれの特徴は五行の象意から見る事ができるのです。

今回は《土》の骨相について説明いたします。



土の骨相とは

土の骨相については、五行による顔かたちはまん丸の円形とされます。
まん丸であることの此の部分は水の骨相と混合してしまいがちですが、水の骨相が水分を含んだような膨らみの状態であり、土の骨相は円形のような正方形であり、肉厚なのですが締まりがある状態です。


此の記事を書いた後日に私は手相鑑定を大変多くできる機会がございました。
その結果、土の骨相と水の骨相が混合してしまうという状態でした。
しかし、お客様の顔を見てみました所、手のみでは判別できない五行の特徴を見る事ができました。
これは、相術をメール鑑定で行なわない理由の一つなのですが
《骨相は人体の全体を見る》
ということに尽きます。
やはり、人体の一部だけでは判断しにくいものです。


土の骨相を持つ場合は手は四角である場合が多いのですが、顔を見てみますと丸いです。
四角い人も中にはいらっしゃいます。
しかし、この土の骨相を持つ多くの人は体の肉付きが良く丸みがあります。
土は脂肪を溜めますので水の丸い骨相と混合されやすいのですが、
人体全体を見たら違いがはっきり致しました。

追記:乙未年甲申月丁丑日

土の骨相とは、ざっくり云いますと。

まん丸く円形である人で、先端は正方形の形をしています後日の研究の結果、先端も丸いというのが判明しました(訂正追記:乙未年甲申月丁丑日)

顔の形は丸顔に見えます。しかし、筋肉があり脂肪がかためなので四角い状態です四角い状態であるというのは私の今まで鑑定したお客様や私の周囲での土の骨相を持つ人が四角い状態が多くいたのですが結果それは、金の性質を兼ね備えている人でした。やはり、土の骨相は丸です(訂正追記:乙未年甲申月丁丑日)

肉体は脂肪と筋肉が多めであります。

背は低めであり、しばし中くらいの人がいます。

土というだけあって、黄色みの多い肌の色をしています。

土の骨相を持つ人は体全体に肉が付きます。

脂肪が付いている方が健康で居られる人が多いです。


土の手を持つ人

土の手を持つ人は掌を見てみますと、指を含まない部分が四角く肉厚な人が多いです。 指は根元から先端までまっすぐ幅が変わらず、先端は四角っぽいです。先端も丸です(訂正追記:乙未年甲申月丁丑日)

手の甲を見ますと、脂肪がほんのり付いています。ですが、厚みが多くあるのではなく肉と脂肪が付いているという感じです。

形は正方形よりの円形なのですが、手は正に正方形という感じです。

指の特徴としまして、太さが根元から先端まであまりかわらない形状であり、長さは短めです。しかし、別の五行の影響が強い場合は長いです。

指関節は目立たずまっすぐです。


土の耳を持つ人

耳の形にも五行があり、土の耳とはやはり全体に肉付きが良くの四角形をしております全体に肉が付きやすいために正方形に見える場合があります(訂正追記:乙未年甲申月丁丑日)

骨相では土耳と呼ばれます。


土の骨相を持つ人と四柱推命

土の五行とは戊・己です。

戊土・己土とは同じ土ですが性質が異なります。
戊土は陽の土であり、岩山や開墾されていない荒れた土地として四柱推命では象意とされますが、人間の特徴としましても脂肪と筋肉がほど良く付きながら四角く丸いとなる体形とはマッチョです。
戊土を日主に持つ人は脂肪を蓄えやすく筋肉が付きやすいです。
運動しなければ、マッチョにはなりません。
見た目に細い人はなかなかいません。
己土を日主に持つ人は陰の土ですので、女性的です。
筋肉よりも脂肪が付きやすく、丸みがあります。
最近、私は女性の胸の大きさはこの己土が関係しているのではないかと思うのです。
命式に己土があれば、胸線の発達が良いのではないかと思うのです。
四角よりも丸みが強い場合はこの己土骨相を持つ人なのだと思います。


土の骨相を持つ人の性格

土の骨相を持つ人は基本的に自信と信念を重んじます。

この骨相を持つ人はゆっくりです。 ゆっくりで優雅です。 せっかちな人からは「もたもたしてる」とか「ぼーっとしてる」とか感じられやすいです。 しかし、慎重でありじっくり見渡してから判断します。 土の骨相の特徴があり、肌が荒々しい場合は剛気であり、外見が温厚です。 土の骨相の特徴があり、しばし丸みが強い場合は慎重さが強く、従順であり、控え目です。体の肉付きが良いので色情のトラブルが強めです。

記:乙未年甲申月丙寅日




総合サイトトップ ブログトップ 自己紹介 鑑定申込み


[広告]