骨相(人相手相)を考える



骨相について


相術の五行 [相術での陰陽五行とは]

水の骨相を持つ人

前回、〔金の骨相とは〕で、金の骨相を持つ人の特徴などを説明致しました。

金の骨相があるように骨相には木・火・土・金・水の五行があります。

それぞれの特徴は五行の象意から見る事ができるのです。

今回は《水》の骨相について説明いたします。


水の骨相とは

まず、水の骨相について土の骨相と水の骨相が混合しやすいとお話いたしました。
色々調べた結果いままで参考にしてきた本が間違えていたことに気付きました。
四柱推命の命理家でもあります私は東洋医学の視点での人体の特徴をも研究しています。
下記は五行である木・火・土・金・水の人体部位の特徴を表にしたものです。

五行
人体部位の特徴逆三角三角長方形
(縦長)
正方形

となります。

手相での水の骨相と土の骨相の特徴が逆なんですね。
これはですね。
いいたくないですが、リスペクトしてます本が間違えていたことになるのです。

水の骨相を持つ人というのは、丸い手ではなくて正方形に丸い水分を含んだ肉が付くという人なのです。

水というのは陰陽五行では正方形でして、ぽっちゃりの方でしたら丸くなるという状態です。
手相のみでの判断ですと少々混乱してしまいますが、水の特徴としましての人体は身長が中くらいで骨ばり見た目は正方形であります。
顔はほとんどの人は骨ばっていまして、強弱によって丸くなるという感じです。


水の骨相とは、ざっくり云いますと。

顔の形は多くは正方形に角ばってますが、水分を含んだような脂肪を持つと丸く円形になります。

肉体は健康な状態ですと骨格が目立ちます。

背は中くらいから骨ばってますので身長が高く見えます。

水の骨相を持つ人は肌は黒いか、白いかのどちらかにわかれます。

肌は粗いです。



水の手を持つ人

水の手を持つ人は骨格が目立ちますが、指関節は目立ちません。

水の骨相は正方形であり、肉が付くと丸く見えます。

横から見た手は骨ばる中にも丸みがあります。ぽっちゃりの方ですとまん丸く肉厚になります。



水の耳を持つ人

耳の形にも五行があり、水の耳とは全体的に丸く肉付きも丸く正方形のような形をしています。

骨相では水耳と呼ばれます。


水の骨相を持つ人と四柱推命

水の五行とは壬・癸です。

壬水は海や川などの人の手が加わっていない自然界の流れのある水です。
壬水の骨相を持つ場合の多くは男性的であり、骨格が目立つ人が多いです。
水の骨相であるのに骨よりは水分を含むような脂肪を持つ方は多くは癸水であります。
骨ばっていますが丸みがあります。


四柱推命での陰陽五行での人体部位の特徴としまして、水は耳・髪・骨・目の特徴があります。
これは、手だけみますと骨ばっている特長が目立ちますが、水の骨相を持つ人というのは切れ長で大きな目を持っています。
髪は黒く多くの人はおでこは広くとも毛があります。
大変頭が良いのでおでこは張っているのです。
また、耳にも特徴があります。
大きい人が多いです。


水の骨相を持つ人の性格

水の骨相を持つ人というのは知恵や知識欲が強いので研究熱心です。
陽の水である壬水は、才気があり熱烈であり統率力があります。
また、陰の水である癸水は、素直で従順です。知的で親切です。
どちらも、色恋を楽しむタイプなのでセクシーです。


頭が良くてセクシーというのは魅力的です。

マイナス面は粗野であったり、性急であったりして、頭の回転が良いので待つ事が出来にくいところです。
また、せっかちで裏切りはゆるせないところもあります。


記:乙未年甲申月丁丑日




総合サイトトップ ブログトップ 自己紹介 鑑定申込み


[広告]