骨相(人相手相)を考える



骨相について


相術の五行 [相術での陰陽五行とは]

火の骨相を持つ人

前回、〔木の骨相とは〕で、木の骨相を持つ人の特徴などを説明致しました。

木の骨相があるように骨相には木・火・土・金・水の五行があります。

それぞれの特徴は五行の象意から見る事ができるのです。

今回は《火》の骨相について説明いたします。



火の骨相とは

火の骨相とは、ざっくり云いますと。

三角形である人です。

頭部が小さく、顎の方が太くなる形の人です。

血管が盛り上がり、筋骨質な体形をいております。

背は高めであり、しばし中くらいの人がいます。

焼け焦げたように薄黒くそして赤みが多い肌の色をしています。

火の骨相を持つ人というのは先端が尖っていまして、下半身がどっしりしているイメージがあります。

ですから、パッと見は顔は小さく見えるのです。

下半身から上へと細く在るのですが、頭の形も手の形もそうなのです。

しかし、先端が尖っているので足先も尖ってます。

楕円形の形から先端が尖るのです。

顔の形が三角形といいましても先端がとがっていますので顎も尖ってます。



火の手を持つ人

火の手を持つ人は上記の特徴があり、先が細くなる炎の形のような手をしています。

手の甲を見ますと、血管が目立ちます。

形は三角形なので、手を自然に広げたときも下から上へと形が三角形であり、少し縦長い円形をしております。

指の特徴としまして、根元が太く先が細い傾向があります。

指関節は目立たない方が多いです。



火の耳を持つ人

耳の形にも五行があり、火の耳とはやはり三角形の形をしております。

骨相では火耳と呼ばれます。


火の骨相を持つ人と四柱推命

火の五行とは丙・丁です。

四柱推命で日主が丙火・丁火でしたら、火の骨相が顕著ですが他の木・土・金・水が基本命式に強くある場合は形が火の骨相以外にみえる場合があります。

例えば、超極端な命式を作ってみましたが、

時柱日柱月柱年柱
天干
地支

このように、本人の日主が火であっても、他すべてが土であった場合は土の骨相が思いっきり目立ちます。

てか、もう見た目土の骨相であるでしょう。まん丸です。

そして、がんばってよく見てみると、なんとなく卵型です。

極端な命式を例にだしてみましたが、他の五行の要素があるのは結構当然であります。

命式から生命エネルギーの強弱によってまた、見た目も違います。



火の骨相を持つ人の性格

火の骨相を持つ人は基本的に礼儀を重んじます。

そして、秩序を重んじます。

派手なので目立ちますし、とても陽気な人が多いです。


火というのは、燃える時は燃えます。燃料があれば燃え続けます。燃料が無い場合は燃えません。

木が火を生むというのは、燃える素材があるからこそ燃えれるのです。

そして、燃えた後は煤が残ります。

燃えた木や草は良い土へとなります。


この火の人の性格というのはリーダー的であります。

物事の良し悪しを見つけるのもとても上手です。

後へと残して、残ったものがやりやすいようにもしてくれます。


しかし、火が強いと誰も止めることができませんし、弱いと周囲が冷え切ってます。


火の骨相が目立つ場合は肌が枯渇して潤いが足りない人が多いかもしれません。

先が尖っているのでキツイイメージが強いですが、多くは感情が豊かで表裏が無い人が多いのが特徴的です。


記:乙未年甲申月戊午日




総合サイトトップ ブログトップ 自己紹介 鑑定申込み


[広告]