不思議探訪日記

_

不思議探訪日記トップ

次の記事→

天が栄えると書く、天栄村の神仏巡り
【妙見神社】《1》

2013年12月

天栄村にある妙見神社に行ってまいりました。

天が栄えると書いて天栄
確かに神社仏閣が沢山ございます

実のところ私は住居は別ですが、天栄村役場の近くに事務所がございます。

こちら、須賀川市の住所となっておりますが、道路を挟んで天栄村となっております。

祖母は天栄村の松本の出身でございます。

ですから、天栄村も大好きです。

私は以前から気になる山がございました。
その山の前を通るたびに何故かとても魅かれるものがあったのです。

あまりにも気になるので、
今日(2013年12月1日)はその山に行ってまいりました。

2013年12月撮影
2013年12月撮影

まずは入り口がわからないので車でぐるっとまわろうと思いましたが、
行き止まりになってしまい逆の方向へむかいましたら神社を発見。

ここだと思い 同行者(運転してくれている家族)を車に置いて一人でご挨拶へ向かいました。

2013年12月撮影
2013年12月撮影

震災で鳥居が倒れてしまったのでしょうか。
(後からわかりましたがこれは鳥居が倒れていたわけではなく、旗を揚げる為の支える石でした)

2013年12月撮影

奥へ進むと神社がございました。

早速、ご挨拶いたしました。

2013年12月撮影
2013年12月撮影
2013年12月撮影
2013年12月撮影

森寅之助翁高徳碑
翁は天保六年四月上松本日向屋敷に生まれた始めは村の中流以上の資 産を有して居たが多数の家族を擁して没落のやむなき事情に至った 然し早く妻を失った翁は失望落胆せず売薬行商の傍らよく家業を助 け着々家運を面復し且つ公益に盡力するようになった當時松本に於 ける若干の區有山地が荒れ果てゝ顧る者が無かったので翁は區の将 来の為めに植林を思い立ち區民に謀ったが至難の事業として一人の 協力者もなかったそこで翁は明治三十七年單独七十歳の老軀をもっ て家業の間に二千余本の杉苗をこゝに植付けて手入れをすること数年 すくすくと延びてゆく様を見ながら明治四十四年の秋これを區に引渡 したのであった思うに區有財産の今日あるは全く翁の功績と言わな ければならないかくして翁は八十一歳の天壽を全うして大正四年四 月二十三日に歿した滋に區民一同その功徳を追慕敬仰し記念碑を建て 永遠にその徳をたゝえるものである
邃軒 矢部保太朗撰文并書


と、書かれております。
天が栄えると書く、天栄村の神仏巡り【妙見神社】《2》へ続く

次の記事→

▲topへ戻る


詳細・文献・参考・WEBリンク集

国立国会図書館デジタル化資料-集古十種

福島県の城


福島県須賀川市
関連書籍紹介

福島の伝説 日本の伝統45/石川純一郎・竹内智恵子

松明あかし 須賀川・二階堂家の悲劇と女城主大乗院の物語 / 国分ヒサ

松明あかし 須賀川・二階堂家の悲劇と女城主大乗院の物語 / 国分ヒサ

ふるさと散歩 安積・本宮・須賀川・田村編

谷あいの川 [ 渡辺清一郎 ]

松明あかし [ 国分ヒサ ]




総合サイトトップ ブログトップ 自己紹介 鑑定申込み


[広告]