不思議探訪日記

_

不思議探訪日記トップ

←戻る --- 次の記事→

翠ヶ丘公園の神仏めぐり
 【愛宕山(あたごやま(館・神社)】

2013年11月

福島県須賀川市にある翠ヶ丘公園にある
神社仏閣巡りを行ってきました。

まずは愛宕山神社へ向かいます

愛宕山
2013年11月撮影

翠ヶ丘公園の前川駐車場の入り口からスタートしました。

こちらの入り口の石碑でございます。

大黒天さまや馬頭観音さまなどです。

階段のふもとにも

2013年11月撮影

階段を上って行きます。

2013年11月撮影
2013年11月撮影

深い森や林に神様を祀ると、どこかの本で読んだことを思い出しました。

2013年11月撮影
2013年11月撮影

三十三観音さまです。
こちら御二体ほどお見かけしましたが、ほかの観音さまは何処にいらっしゃるんでしょう?

2013年11月撮影
2013年11月撮影

愛宕山の頂上に辿りつきました。
結構近かったです。

2013年11月撮影

愛岩山とあります

愛宕山

2013年11月撮影

愛宕山は鎌倉時代後期ころの須賀川城で二階堂行朝が築いたといわれ土塁が残っている。

二階堂氏が天正十七年に滅亡の後、会津領主上杉景勝の所領となり、その代官栗田刑部が、この要害の他を館としたという。

山頂からは市街が一望され遠くに奥羽連峰の那須・磐梯安達太良や阿武隈山地の宇津峰、羽山が望まれる。

松の緑や紅葉とともに眺坊がすばらしい。

また、松平定信の「集古十種」孝子の碑や等躬、晋流・桃祖の句碑がある。

【須賀川市】


と、書かれております。

←戻る --- 次の記事→

▲topへ戻る


詳細・文献・参考・WEBリンク集

国立国会図書館デジタル化資料-集古十種

福島県の城


福島県須賀川市
関連書籍紹介

福島の伝説 日本の伝統45/石川純一郎・竹内智恵子

松明あかし 須賀川・二階堂家の悲劇と女城主大乗院の物語 / 国分ヒサ

松明あかし 須賀川・二階堂家の悲劇と女城主大乗院の物語 / 国分ヒサ

ふるさと散歩 安積・本宮・須賀川・田村編

谷あいの川 [ 渡辺清一郎 ]

松明あかし [ 国分ヒサ ]




総合サイトトップ ブログトップ 自己紹介 鑑定申込み


[広告]